日本共産党に寄せる期待

まだまだ日本共産党の自力は弱く反省するべき点がたくさんあります
日本共産党は今回の選挙戦をまず2013年の参院選と比べて党員数は減りしんぶん赤旗日刊紙読者は縁日曜版読者モデルというそのような逆風の中で戦いました
それぞれ読者数が減り党員数も減ったのにどうして得票数が伸びたが出るとこれは日本共産党に寄せられた機体がものすごく大きかったということを示しています
金と政治の癒着に飽き飽きしていると思います
それから市民連合がどれほど日本共産党に大きな期待と希望を寄せていたかということもあげられます
大きな活動の場がたくさんありました
親しい藤野氏力が弱いためにもっと伸びるはずの相性が伸びなかったということもあげられると思います
もししんぶん赤旗の日干支また日曜版はもっと多く詠まれていたら藤野氏力がもっと突いていたらまた党員数がもっと拡大していたらもっともっと参院選での得票数は伸びたに違いないので
それはもちろん見込まれたことなのです